FC2ブログ

術後丸4年が経過し


あとどれぐらい時が経てば自分は死を迎えるのか。
遅かれ早かれ誰にも必ず訪れる死。
それでも自分の余命を考えずに生きている人が大多数だと思います。
毎日精いっぱい生きているからなのかもしれないし或いは考えても仕方ないからだとも言えますが。
今が元気であれば尚更でしょう。

ところがもし癌が我が身に育くまれていた事がわかるとなると心は一変し残りの人生を考える不安な人生に転落します。
知らない事の幸せ、知る事の不幸せ、とでもいうのでしょうか。
告知を受け治療に進みながらどうしてこうなったのか、ああしなければこうしておけば等々自分で自分を責めることも多いです。自分で自分を責める事が一番苦しい。

しかし悩み苦しんだところでそうなった事実は変わらない。
何事も前向きになって出来る事を希望を持ってやってる限り好転する事も少なくない。


全摘から丸4年が経過し時間の経過とともに今でこそ冷静に考えることができるようになりましたが、かくいう私も主治医から怒られてばかりのネガ患者でした。
今日は受診日、PSA数値は0.008以下で丸4年を迎えました。


にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント