FC2ブログ

記事一覧

医療機関の紹介

さて、生検が終わり、結果を聞いた時はわからない事だらけで不安が先行し、いくつか質問したが、
「どこで調べて来たのか知らないがそんな事を聞かれてもわからない」
答えはこんな調子だった。確かにわからない事をわからないと言っているのだろう。

各種治療方法についても説明はなく、私が知識もなく口に出したロボット手術でいいだろうと言う事で大学病院を紹介された。
まあ、私の病期ではどの治療法でも有意差はないと見ているのだろうが、説明は欲しかった。
だが、お医者さんの多忙は理解できるし、患者としてその存在には感謝している。

その紹介先へ行くと若い医師が対応したがロボット手術は数か月予約待ちの状況であり私は断念の意思表示をした。
いくつか病状について質問するが更に紹介する医師に聞けと言うような思いやりのない医者であった。
ここでも他の選択可能な治療方法について説明はなく、他の医療機関を紹介された。

更なるその紹介先では、「当院にはダヴィンチはなく、従来の開腹手術で行なう」と言われ、先端機器の能力よりも術者の熟練度が重要であると付け加えられた。

念のため先進医療機関へも足を運び、放射線治療の説明をセカンドオピニオンとして受けたのだが・・・。


↓閉じる時、押して頂ければ
にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玄太

Author:玄太
↑医療器具VCDのお陰で私もネコには負けてはいない^^
さてVCDってなんでしょう


2015年秋、ハイリスク前立腺癌確定
2016年冬、前立腺全摘を選択
悪性度 GG4+4=8
病期  pT2c
断端陽性

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

アクセスカウンター

検索フォーム