FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完治せずとも


数十年前、エイズウイルスHIVは治療法のない不治の感染症として恐れられましたが、
内閣府が昨日世論調査の結果を発表し、適切な治療を受ければ通常の寿命を生きられると知っている人は僅か26.5%であったと報道されています。

私も当時エイズは死に至る病であると認識していましたが、その後日本の研究者が世界で初めて治療薬を発見、現在では慢性疾患に近い状態にまで予後改善され死に至ることはなくなったと言われています。

また、国立がん研究センター東病院は、先日書きましたウィルス療法の医師主導治験を遂に開始したそうです。

日本の研究者は本当に優秀ですが患者を救わねばならないといった使命感も凄いです。
私たちは今後近い将来にもこのような方々の研究成果の恩恵を受けることができるでしょう。
敬意を表し感謝に堪えないです。

手術をした後、私はある方のブログを読むことがありました。
そのブログでは次のように書かれています。

「現実の社会や人生にリスクがある以上、不安を感じるのは当たり前だ。不安を感じることを恐れてはいけない。癌患者は死の不安をゼロにすることはできないが、希望を持つことで生きる意欲が湧く」
(無断転載お許し下さい)

この方もまた私のネガな思考の一面を取り去ってくれたのでした。



にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玄太

Author:玄太
↑医療器具VCDのお陰で私もネコには負けてはいない^^
さてVCDってなんでしょう


2015年秋、ハイリスク前立腺癌確定
2016年冬、前立腺全摘を選択
悪性度 GG4+4=8
病期  pT2c
断端陽性

最新記事

全記事表示リンク

アクセスカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。