FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は検査日

自分の癌にとってガイドラインで推奨される治療で十分ならばそれでいいですが、
ただ癌だと言われてもその性質は進行度などの点に於いてそれぞれ特徴があり、
その性質によって本来は患者ごとに治療されるべきであっても、
現実は保険診療による標準的な治療、所謂「標準治療」を受ける事が一般的です。
例えば、精度の高い放射線治療SBRTは「5センチ以内で3個以内の癌に対して保険適用」と定められているようですが、
しかし、それ以上のケースで照射したいと思っても「標準治療」では認められないわけです。
(保険制度を維持するためにもということでしょうか)
一方、治療費は全額自己負担となりますが、このようなケースや重粒子線などの先進医療、厚労省が承認していない治療や薬を使用する非標準治療を行う自由診療もあります。
抗癌剤は日々新しく開発されており、海外で承認されていて実績があっても日本では一向に承認されないということもありますが、このような未承認の抗癌剤なども自由診療では使用されています。

非標準治療のひとつである先進医療は厚労省のHPを見てもこれほどあります。
先進医療の各技術の概要

明日は検査です。再発確定前であっても補助的と言いますか予防的照射を検討しているのですが、主治医の同意は難しいかもしれません。
自分に合った治療法を提案してもらったり、個人の体質、癌の個別性や病気の状態に合わせたきめ細かい納得のいく治療を受けたいとも思いますが医療現場も忙しく、現在の保険診療制度の下では難しいのかなあとも思っています。(ちょっと我儘ですが)
そして、書きながら思ったのですが、医療制度のこのような問題は頭の悪い私には結局のところよくわかっていません。


他にも↓
にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玄太

Author:玄太
↑医療器具VCDのお陰で私もネコには負けてはいない^^
さてVCDってなんでしょう


2015年秋、ハイリスク前立腺癌確定
2016年冬、前立腺全摘を選択
悪性度 GG4+4=8
病期  pT2c
断端陽性

最新記事

全記事表示リンク

アクセスカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。