FC2ブログ

記事一覧

不安と迷いの2か月

PSA値の上昇が確認されてから早や2か月が経過し精神的にも落ち着きを取り戻してきたような気がします。

聞くところによると、再発する場合は術後20か月以内が最も多く、
PSA測定限界値以下からの最初の上昇は一般的に0.01~0.02程度の穏やかなピッチのようですが、
私の場合、3月から5月の短期間の間でいきなり0.09(細かく言えば0.088)に達するほどの急上昇でした。
もう、いきなりほぼ0.1です。
それから更に2か月経ちました。そして来週は確定診断のための再検査を受けます。

全摘後に救済的放射線治療を行う場合には一般的にPSA値が0.2以上で実施される事が多いようですが、
0.5を超えると望ましくなく、そして0.2よりもさらに低い時点での照射の方が結果が良いとの意見も少なくありません。
私は、0.2を超えた再発確定診断後に救済的放射線治療を受けるべきか、
或いはこの未確定の時点で、再発でないとしても再発予防を目的として照射すべきか迷いました。
そのような予防的照射を行う医療機関はたくさんあります。
(PSA値が0.2以下の場合は再発とは言えないのでその時点での施術は予防的照射となり、ガイドラインを外れ保険診療ではなく自由診療となるのかな?まあそれはどちらでもよいが・・)

その後、結論は出ず時間も経過してしまい、結果的に来週の検査結果を待つことになりましたが、
思えば、主治医に於いては当時、前述のような私の不安や今後のことを聞いても、対応する時間的余裕もなく、
「誤差の可能性もある。2か月後の再検査の結果により説明します」との一言で打ち切られました。
ならばと、SOの申し出するも、
「この段階ではできない」と言われ、
(そりゃそうかもね)
それからは不安と迷いで辛い思いをしました。^^
少しでいいから答えて欲しかったのですが仕方ないよな、医師は忙しいんですから^^
まあ、それでも感謝しています。


だけど、この病気(と言うより老化現象?)、
そんなに心配する病気でもないような気もしてきた。
T4でも、本当にたくさんの人たちが様々な効果的治療の恩恵を受けながら現に長生きされている。
そして更に効果のある薬剤や治療も急速に進展して行くことでしょうし。


他にも↓
にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玄太

Author:玄太
↑医療器具VCDのお陰で私もネコには負けてはいない^^
さてVCDってなんでしょう


2015年秋、ハイリスク前立腺癌確定
2016年冬、前立腺全摘を選択
悪性度 GG4+4=8
病期  pT2c
断端陽性

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

アクセスカウンター

検索フォーム