FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSA非再発率の比較

私としてはハイリスク例における放射線治療の非再発率に疑問があった。
ハイリスクの場合(私の場合)、1次放射線治療を選択するとしたら、
事前ホルモン6か月+放射線治療+事後ホルモン療法3年を推奨された。

ホルモン療法では当然PSA値を劇的に下げる効果があるが、
癌を死滅させているわけではなく冬眠させている。
上記のような「ホルモン+放射線治療」で良好と言われている5年、10年非再発率は一体放射線治療によるものか、ホルモン療法による影響なのかそこがわからなかった。
悪性度が高いので放射線が完全に長期的に有効かどうかの不安があったのだ。
私のようなまだ若い罹患者としてはそこに確信が持てなかった。

各種放射線治療でPSA非再発率を比較した論文の例として、BJUという医学誌に掲載された報告では、小線源治療、トリモダリティ治療が外照射に比べてPSA非再発率が良好で比較的有望のように見え、手術でのPSA非再発率は各放射線治療よりも必ずしも優れているようには見えないが、手術と放射線治療とでPSA再発の定義は異なるため、比較して評価することは困難とある。

そしてまた、
関東地方O病院の記事として、治療法による再発率の比較とは、血液検査で見た時に再発していない確率(=PSA非再発率)の比較であり、PSA非再発率はその後に生じうる臨床的再発率を将来的には反映するが、実際の臨床ではPSA再発が確認された後にホルモン治療で進行を抑えることが多く、実際に治療法によって臨床的再発率に差があったことを確認した報告は少ないのが現状で、また各治療間で生存期間に差があったとする信頼できる報告は見当たらないとある。

他の記事でも、仮にPSA再発になっても、画像検査などに異常の現れる臨床的な再発・転移とは同等ではなく、臨床的な再発・転移が発生するのはPSA再発者数の10%で、術後から平均で約8年かかり、その中の一部の人ががん死するまでは、5年ほどの期間があると。(これが過剰治療と言われる所以か)

前立腺全摘術後のPSA再発に対するサルベージ放射線療法の有効性を確認
【泌尿器科学会2014】
こちらをクリック

とは言ってもPSA再発は嫌だ。
私は根治のための「全摘+高線量放射線」に賭けたのだが・・。


(医師でも専門家でもない私が見聞した内容であり文責は持てません)


↓最後に押して頂ければ。
にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

有難う

> 玄太さん

 早速、返答頂き有難うございます。本件に関し(臨床的な再発・転移が発生について)コバトンブログにアップしました。宜しければ見てやってください。こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。

ブルーコバトンさんへ

はじめまして。
コメントを頂きありがとうございました。
お尋ねの記事は前文のソースとは異なり一連のような誤解を与え申し訳ありませんでした。
その部分はお送り頂いた情報と同じソースです。
なにぶんネットが得意ではなくそして勉強不足を痛感しています。
私の治療法選択の決断については十分検討した結果ではなく慌てて飛びついたものでした。
ひょっとしたらその選択を後刻悔やむのかもしれません。(まだわかりませんが)
文面でもお分かりのように^^このブログは、そういう無知な自分に自ら言い聞かせ自分を納得させようとの試みです。
また癌とも長い付き合いとなる訳ですが、
漠然と付き合うのではなく、過去を振り返りながら今後に活かしていきたいと思っています。
癌もブログも初心者ですがいろいろと教えて頂きますようよろしくお願い致します。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玄太

Author:玄太
↑医療器具VCDのお陰で私もネコには負けてはいない^^
さてVCDってなんでしょう


2015年秋、ハイリスク前立腺癌確定
2016年冬、前立腺全摘を選択
悪性度 GG4+4=8
病期  pT2c
断端陽性

最新記事

全記事表示リンク

アクセスカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。