FC2ブログ

改めて術後の男性機能について


改めて術後の男性機能についてですが、
慶應大のある医師の記事を読むと、日常の朝立ちが無いことが重大な問題である事に気付かされます。

「ペニスが長期にわたり勃起しない状態が続くと、陰茎海綿体(血液が充満する部分)に酸素が送られず、線維(せんい)化が起きやすい。線維化が進むと組織が固くなり、ペニスの伸縮が利かなくなる。せっかく神経が回復しても、うまく勃起できなくなる。神経のダメージによる勃起機能低下は、術後一気に低下して、その後、徐々に回復して2年ほどで固定します。その間、早い時期から陰茎リハビリを開始することで陰茎海綿体の線維化を予防し、術後EDからの早期回復を促すのです」

とあります。

この記事です

私は両神経摘除しています。
そんな私が現在ED対策薬の手助けを受けながらも機能保全出来ている要因は、ひょっとしたら術後直後から行なっていたVCD(吸引器)使用といったリハビリのおかげかもしれません。

最近始めた更なる線維化予防対策は、浴室にVCD器具を常備し、毎日の入浴時に吸引充血させた状態で湯船に漬かり血液によって運ばれる酸素を海綿体に供給してあげようとの試みです。
勿論、素人が考える事ですから問題点や医学的効果があるかどうかもわかりませんが、凛々しい^^姿を目にするだけでも男としての自信を回復させてくれる効果はありそうです。

朝立ちならぬ風呂立ちですね。


20191117204622848.jpeg


にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト