FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

食後20分で血中脂肪を燃焼

仕事は月に1週間だけのパート勤務ですが、勤務がない日は殆ど運動をしていません。先日買った足踏みステッパーも棚に置かれたままです。腰が痛んで続かなかった事が理由ですが、医師の勧めもありエアロバイクを買う事に。アマゾンで1万円ほど。アルインコ製です。この手の運動器具は既に多くの方が使われていると思います。毎食後20分やります。この食後20分には意味がありまして、説明書には、「運動を開始して最初の20分は...

続きを読む

検査結果改善せず

毎年受ける人間ドックに行ってきました。PSA検査はオプションなのでカットしています。(今は悩みを増やしたくないし)リピディルにより中性脂肪は減少したものの悪玉コレステロール値が増化しています。これが馬鹿になりません。CT画像では左冠動脈と腹部大動脈に石灰化が見られます。(その上にあるプラークは映らない)また、頸動脈のプラークの性状はエコー検査により粥状と診断されました(オーコワッ)確かに最近油断をして運動せず...

続きを読む

尿失禁治療剤

私個人による臨床試験を終えた「尿漏れクランプ」ですが、^^結論から述べますとその効果は十分認められるものでした。こまめにトイレに行って排尿すれば特に疼痛や気になる副作用もありませんでした。ただ、やはり、毎日の脱着と洗浄が面倒なのです。結局、遅まきながら腹圧性尿失禁治療剤 「トニール錠10μg」に行き着きました。β2受容体を刺激し膀胱の平滑筋を弛緩し拡張させることにより失禁を治療します。医療機関で処方され...

続きを読む

筋肉の持つ様々な機能

樹木希林さんが天に召された。鹿児島の医療機関で自由診療による標準外療法としての放射線治療を受けながらずっと元気に仕事を続けていたのだが・・。報道によれば知人宅で転倒骨折し寝込んでしまったとの事だがこれが状態を悪化させたのだろうか。先日見た「きょうの健康」で放送された内容を紹介すると、高齢に伴い人の筋肉は減少して行き、転倒や骨折の危険性が増加する。また、筋肉は血糖の管理や免疫機能を司るなど様々な機能...

続きを読む

ああ、息子よ

先日アメリカから輸入した「尿漏れクランプ」は、現在臨床試験中であるが、その結果は後刻報告するとして、今回はその前に購入した「軽尿失禁ポーチ」について少し触れておきたい。その記事はこちらいつも大事そうにブランドバッグをぶら下げて私のパンツの中を生活の拠点としている我が息子なのだが、ジメジメとした居住空間の改善を図るべくして私に「軽尿失禁ポーチ」を買わせたのであった。(因みにその生活環境の悪化は手術が...

続きを読む

アメリカから尿漏れクランプが届く

珍な物(特にチンな物)に目がない私はアマゾン(アメリカ)で尿漏れクランプを見つけ注文していたが本日届いた。商品40ドル+国際便配送料5ドルであった。日本に於いて承認を受けた医療器具ではない。尿道に圧を与えるためのガイドはS、M、Lの各サイズが同梱されている。ガイドの適正なサイズ選択と緩めのプレッシャーレベル調整を行い、数時間おきの排尿時に装着をリポジショ二ングすればまず問題ないように思えるがどうだろう。...

続きを読む

息子さんの次なるテスト品

「いいものだけを世界から」これはヤナセのコーポレートスローガンだが、ヤナセが輸入販売していないイイものがある。懲りない息子さんの次なるテスト品はコレだ。amazon US でオーダー中※吐き気、目眩、頭痛などの過敏性発作を引き起こす可能性があります。上記サイトを「日本語に翻訳」して見る場合はご注意ください。(ヤナセが販売していないから個人輸入する事に)また使用感など報告いたします。(もう誰も興味はない...

続きを読む

男性軽尿失禁ポーチ体験談

27,000,000,000,000,000円IIF国際金融協会がまとめた世界の政府、企業、家計の債務残高の合計です。リーマン危機後世界中で行われた大規模な金融緩和の結果です。1%の金利上昇で270兆円の利払い増につながる恐ろしさ。世の中は一体どうなるのか…。そんな事はどうでもいい。(いやいや、大問題だ、どうでもいいわけがない)やはりここではどうでもいいです。本題ですが、何にでも興味を示す私は、一つが100円もする軽尿失禁ポー...

続きを読む

海綿体自己注射体験談

私は前立腺全摘時、男性固有の神経もすべて摘除しています。そこで術後の男性機能復元対策としてVCDを使っております。これで夫婦ともに満足してはいるのですが、EDに対するスタグランジンE1陰茎海綿体自己注射の多施設共同臨床研究が、帝京大学倫理委員会にて承認され治療が可能となっているとの情報を見受け、浮気者で何にでも興味を持つ新し物好きである私は早速近隣の対応医療機関へと短い足を運びました。この投与するスタグ...

続きを読む

2年6カ月目のPSA検査結果

26年1月の全摘手術から2年6カ月が経過し今日PSA定期検査を受けました。前回の後は半年毎の検査となっています。検査結果ですが、今回も0.008以下をキープしていました。私はGG8、断端陽性であり、救済的放射線治療をあらかじめ顧慮していましたがそうであってもそんなに再発するわけでもなさそうです。MP-420の項を参照090の項を参照治療が終わって数年経ち、最近では再発率等の統計値や平均値は気にならないようになり...

続きを読む

前立腺肥大と白内障手術の関係

白内障の発症は45歳以上に多く年齢を重ねるにつれて増加し80歳以上ではほぼその症状を引き起こしていると言われていますが、「白内障手術後に瞳が傷だらけに変形し飛び出した虹彩から細菌感染を起こすといったフロッピーアイリス症候群が先進国の間で大きな問題となっており原因は前立腺肥大の治療薬である。白内障手術を受ける世代の男性は前立腺肥大でα遮断薬を服用していることが多いが、長期間服用すると瞳の虹彩の筋肉に作...

続きを読む

敵は癌のみに非ず。恐ろしき動脈硬化

脳血管疾患・心疾患の年間死亡者数は癌と同水準と言われ、4人に1人が動脈硬化を一因とする疾患で亡くなっています。動脈硬化は糖尿病や脂質異常により自覚症状なく密かに進行していきますが、心筋梗塞・脳梗塞にでもなれば突然死や生涯寝たきりも余儀なくされる程の怖い病気です。ところで、ホルモン療法の副作用として、男性ホルモンの低下による脂肪の増加、インスリン感受性が低下する等による糖尿病や冠動脈疾患のリスクが指...

続きを読む

放射線治療後再発に対する最近の救済療法

根治的放射線療法後の再発に対する救済療法について東京医科歯科大のF教授の記事を拝見しましたが、一部引用すると次のように書かれています。(既にご覧になられた方も多いと思いますが)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・根治的放射線治療後のPSA再発の時点で再発部位が特定できていなければ救済局所療法も行えないため、治療の選択肢は経過観察か全身治療である救済ホルモン療法になります。ただし、根治...

続きを読む

PSAから移った関心

次回経過観察PSA検査は前回の半年後となる来月末の予定です。ところで、前立腺癌治療も終わりその後はPSA検査値が健康上最大の関心事でしたが、その事ばかりに目を奪われ、その他の身体の異変には気が付かずにいました。そんな中、それ以上に喫緊の命に係わるような他の疾患が芽を出してきました。特に自覚した症状はなかったのですが...。硬化性により血管が狭窄する頸動脈硬化症です。若い頃の生活習慣の結果ですね。先月の人...

続きを読む

義体化

世の中では義体化が進んでいる。お袋もスーパー高齢者となって身体の機能にはいくつもの障害が出てきつつあるが、股関節の軟骨がほぼ無くなってしまっている事から毎日痛がってばかりであった彼女は、最近、人工股関節を埋め込む外科手術を受け、現在では完全に機能を回復し痛みもなくなった。また、友人は白内障を罹患したが眼内人口レンズを埋め込み視力を回復させた。そして人工臓器として人工血管、人工心肺・人工腎臓等がある...

続きを読む

散りゆく桜

満開に咲いた自宅前の桜も今日の風雨で散らされている。読まずに溜め込んだ日経誌を今朝読んでいると堀江貴文氏の出版広告が目についた。この本のタイトルは「自分のことだけで生きていく」、キャッチコピーは、「自分のことだけ考える」だ。12年前、ホリエモンこと堀江貴文は、偽計取引と有価証券報告書虚偽記載による証取法違反で逮捕された。所謂ライブドア事件である。その後、懲役が確定したが、何も知らない多くの善良な株...

続きを読む

深酒の結果

先般、尿漏れについて完治宣言をした私でしたが、昨日、近くの居酒屋で焼酎五合瓶を一人で半分程度嗜み、15分ほど坂道を歩いて帰ったところ、20ccほど漏れていました。慌てて今朝から病院へ行き、医者に聞いてみましたが、なんと、診断結果は次のようなものでした。「飲む量を控えて下さい」診察は約30秒で終了しました。普段でもどうかすると数滴漏れる事が稀にありますが、いつの間にかそれも己の体温で乾燥しており、こ...

続きを読む

完治せずとも

数十年前、エイズウイルスHIVは治療法のない不治の感染症として恐れられましたが、内閣府が昨日世論調査の結果を発表し、適切な治療を受ければ通常の寿命を生きられると知っている人は僅か26.5%であったと報道されています。私も当時エイズは死に至る病であると認識していましたが、その後日本の研究者が世界で初めて治療薬を発見、現在では慢性疾患に近い状態にまで予後改善され死に至ることはなくなったと言われています...

続きを読む

頻尿、残尿感の画期的改善法

体のある部分を押すだけで効果的に頻尿が改善できる画期的な方法が、獨協医科大学病院排泄機能センターの名医、山西友典教授によりテレビで紹介されました。汚らしい私の足の写真で大変申し訳ないのですが、くるぶしより指4本分上の骨の内側に沿って指で押さえつければ、そこを走る排尿を司る神経に繋がった神経が効果的に刺激でき、脳に対して過剰な情報伝達を送ることがなくなるというのです。こんなにすぐに残尿感がなくなるも...

続きを読む

10年目以降のPSA非再発率

ありましたありました。既に皆さんご存知かもしれません。観察期間を15年先まで横軸にした2016年版治療別PSA非再発率グラフです。(私の臨床病期pt2cのケースは、中間リスク、高リスクいずれに属するのか定義がよく判別できませんが)これを見ると、例えば高リスク群での非再発論文平均値は、約13年目に於いて全摘の場合は35%を少し下回り、約15年目に於いて密封小線源(seed)+外照射治療の場合は60%を少し下回る...

続きを読む

今日のPSA観察値

最近どうも「10年非再発率」や「10年生存率」と言った数字による評価(特に治療法の比較に於いて)に怪しさを感じています。その後はどうなんだ、と言うことです。私のような若い(?)人は気になります。「10年後の再発」で検索してみました。例えば、19年後の乳がん再発を例にしたある医療機関の記事があります。「乳がんは他のがん(5年生存率)とは違い10年生存率でデーターを出すのも、非常にゆっくり進むがんだからで...

続きを読む

遂にウィルス療法が実用化の運びに

東大医科学研究所により9年前に発表された「癌にウイルスを感染させて癌を治癒させるウイルス療法」は、ウイルスの遺伝子組換えを行って、癌細胞だけで増殖できるように人工的に変化させたウイルスを用いる療法で、投与したウイルスは癌の中だけでどんどん増えて広がり、癌細胞を壊滅させるという仕組みだそうですが、8年前に余命1〜3年と言われた治験者の多くに癌が消滅し現在でも元気で生存しているといった報道がありました...

続きを読む

同病の友人からの手紙

私も早いもので術後2年を迎えますが、まだまだ安心はできません。術前、何もわからない私は治療について相談していた同病のボート仲間からかつて手紙を頂いていました。その手紙によると2009年10月彼が受けた検診で100近いPSA値が示され、生検ではGS5+4の9、精嚢への転移(浸潤?)、ステージ3B~4と書かれています。直ちにホルモン療法による処置を行い、2010年6月よりトモセラピーによるIMRT放射線治...

続きを読む

2年後の検査値

2015年の今頃、癌の悪性度が5段階中4だと告げられ、目の前が真っ暗になりました。それから約2年が経過した今日、定期的なPSA値検査を受けました。前々回から前回はジェットコースター並みの大幅上昇と急降下があり今回も楽観はできませんが気持ちとしてはもう前回のような動揺はありませんでした。( 今は大したことが無いので言える事なのですが^^)今日の検査結果は測定限界値以下であり、471あった中性脂肪も今回は...

続きを読む

磁気刺激治療を試す

最近の私の体調ですがこのところ著しい改善を見せています。乳酸菌、ビフィズス菌、女房の給餌が好作用しているのでしょう。汚い話ですが、便のカタチ、色、艶、香り、味も良く、(冗談です。食べてはいません)調子に乗って再び酒を飲み過ぎる傾向にあります。しかし深酒するとやはりまだしっかり尿漏れしてしまう。ある別の泌尿器科に磁気刺激治療器があるというので行ってみました。ネオコントロールという医療機器で、アメリカ...

続きを読む

食事療法その2

偏りすぎたり明らかに間違った食事療法は問題ですが、野菜を含めバランス良く食べる為の工夫は免疫力を高め病を防止する上で重要ですし特に腸内環境に於いては免疫細胞を強化しておきたいと思っています。(勿論、治療が第一です)癌と告知されてからはそのような食事と併せ、豆乳、トマトジュース、ビール酵母、乳酸菌、ビフィズス菌といった機能性食品も飲んで来ました。「強化された免疫細胞が戦って癌を駆逐してくれている」・...

続きを読む

食事療法

「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」の著者でフレンチシェフの神尾哲男氏が前橋赤十字病院で亡くなられました。この本は書店の健康・病気コーナーでよく見かける本です。「奇跡のシェフ」として、発売2カ月で15万部のベストセラーとなったそうです。彼は骨に転移した前立腺癌を抱えながら早くに病院の治療を中断し彼独自の食事療法に切り替えられました。50歳で発覚、PSA1200、14年後の今年5月に64歳で亡くな...

続きを読む

煮魚を釣る

今日は釣りだ。陸から遠く離れている沖合ですが、トンボがいる不思議。こんなに暑いと海水温度も非常に高い。なんとか1匹釣り上げたイトヨリですが煮魚となっていた。(これは冗談ですが^^)暑いので早めに納竿です。帰港して見た岸壁の光景には思わず目を背けざるを得なかった。人間関係(鳥関係)を一定距離に保ちながら集団生活を営む彼らだが、白昼堂々、恋愛遊戯にふけっている者がいたからだ。↓こちらにもにほんブログ村...

続きを読む

頂いたコメント

私が最近住民となりました「ブログ村」ですが、先住民でいらっしゃいます石破さんから大変興味深いコメントを頂きました。この方は常に探求心をお持ちのインテレクトでいらっしゃいますが、この「ブログ村」に於けるオピニオンリーダと言っても過言ではありません。頂いたコメントを転記します。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・救済放射線治療 非常にはやい救助放射線治療...

続きを読む

「誤差」とは一体

2か月前はあまりにも短期間に大きく上昇していたPSA数値を示され、これはもう転移だなと非常に戸惑ったわけです。信じられない数値を目の前に、もう一度直ちに再検査を望みますが同一機関で短期の間に再検査することは保険診療制度の下ではできません。私は、その翌日に国内泌尿器科医ではトップクラスと言われるT先生の所へ駆け込みました。やはりまだ排尿の悩みもありましたので初診として受診させて頂き、ついでにPSA値...

続きを読む

大幅上昇2か月後のPSA再検査結果

術後の定期検査の結果は連続して測定限界値以下でありその状態で1年半経過してきたのですが、今年5月の検査でいきなり0.088と大幅上昇していました。しかも、たった2か月の間でです。それからさらに2か月が経過しました。今日はいつもと違って再上昇を覚悟して挑んだPSA検査です。追加放射線療法の勉強も自分なりにやって心の準備もできており、早朝より血液を採取してもらって主治医の診察を待ちました。2時間ほどし...

続きを読む

明日は検査日

自分の癌にとってガイドラインで推奨される治療で十分ならばそれでいいですが、ただ癌だと言われてもその性質は進行度などの点に於いてそれぞれ特徴があり、その性質によって本来は患者ごとに治療されるべきであっても、現実は保険診療による標準的な治療、所謂「標準治療」を受ける事が一般的です。例えば、精度の高い放射線治療SBRTは「5センチ以内で3個以内の癌に対して保険適用」と定められているようですが、しかし、そ...

続きを読む

不安と迷いの2か月

PSA値の上昇が確認されてから早や2か月が経過し精神的にも落ち着きを取り戻してきたような気がします。聞くところによると、再発する場合は術後20か月以内が最も多く、PSA測定限界値以下からの最初の上昇は一般的に0.01~0.02程度の穏やかなピッチのようですが、私の場合、3月から5月の短期間の間でいきなり0.09(細かく言えば0.088)に達するほどの急上昇でした。もう、いきなりほぼ0.1です。それ...

続きを読む

真相はわからない

昨日発売の新潮の特集では、麻央の病歴を振り返って時系列に書いている。その中で、噂の近藤誠医師は彼女の受診の事実を否定したとあり、ある標準外治療(保険診療外という意味で民間療法とは異なるが)を行うクリニックに足繫く通う樹木希林もまた、ご近所でありながら交流はないという。そして、事情を知る関係者の話として、なんと、「標準治療はまったく行わず気功に頼っていた」と言うのだ。ネットも週刊誌も信憑性には甚だ欠...

続きを読む

自動乾燥パンツ

ゴルフ中の染み出しはこれで解決だな。うん、いいの見つけた。15、30cc用もあります。そして3枚セットがお得です。本当にドライです。高齢化社会の中、メーカーさんには画期的なケア用品を益々期待していますが、熱線ヒーター入り自動乾燥パンツ、作って欲しい。↓こちらにもにほんブログ村...

続きを読む

オナラ時の尿漏れ【経過観察】

遅れまきながら術後1年半経ってようやく落ち着いてきた尿漏れですが、やはりオナラを元気にやると少々漏れます。私は23歳で小さな会社を起業して30数年来ずっと社長をやってきた中で、オナラですが、思えばいつでもどこでも周りを気にもせず色とりどりの音色と香りを放出してきたことを白状します。事務所の中では、私を睨み付け換気扇のスイッチを入れる者、窓を開ける者など不届き者の社員もいましたが、今思えば、申し訳あ...

続きを読む

のんびり付き合って行くか^^

先日あるお医者様のお話を聞いて来ました。再発についてですが、統計にない10年を超えてからも全摘であれ放射線であれ再発の可能性はあるそうです。そして治療法による最終的な成果はさほど変わらないと。しかしそれは他の癌と違ってゆっくりしているからであり、良い方に考えたいと思いました。本題の全摘後救済的放射線治療ですが、GSが8、断端陽性ですのであまり楽観できそうにありませんでしたが、因子が尿道付近の断端陽性...

続きを読む

エクスタシーの変貌

私は勃起神経を全摘除しており、自律的に勃起することはできません。しかし、以前書きましたように術後対策としてVCDカンキを使用し今まで通りの性生活が可能となっています。(唯一承認された医療器具です)全摘に限らず放射線やホルモン療法後でも将来、勃起や性欲が減退する事があり、特に勃起神経を全摘除した場合、勃起不全は必発なわけです。そして性欲が奪われることはないので辛い気持ちになるのです。しかし、前述のV...

続きを読む

BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)

BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)という治療があるようです。核反応を利用して、腫瘍細胞を内部から破壊し死滅させるという治療法です。あらかじめターゲットとなる腫瘍細胞に10B (ホウ素) を取り込ませておき、体外からエネルギーの低い中性子線を照射します。するとホウ素は、細胞膜や核内のDNAを破壊する作用を有する4He (ヘリウム原子核) と7Li (リチウム原子核) に開裂します。 これら2種類の原子核の飛ぶ距離、すなわち殺傷...

続きを読む

オリゴメタスタシスに対するSBRT治療

オリゴとは「少ない」、メタスタシスは「転移」という意味です。癌の治療前、治療後に転移が見つかっても数が少ない場合このような表現をします。全身に転移してきていることは間違いないのですが一つ目の転移が見つかってから二つ目の転移が出てくるまでの時間が非常に長いのです。大体、1年から数年の間隔で出てきます。転移はあまり大きくならないうちに治療します。出てきたら治療するというモグラたたきのような方法でオリゴ...

続きを読む

PSA値、ついに上昇する

前回のブログでの最終PSA検査月が誤っており訂正しました。(4月→3月)またこの最終月検査は別機関での定期健診による結果でした。いま書いていることは過去を述懐した形です。さて、その後本来の経過観察のためのPSA検査が5月にありました。嫌な予感が的中し数値は今までの0.008からいきなり0.09へと大きく上昇していました。全摘の場合、連続して0.2を超えてくると再発とみなされるわけですが、今回僅か2...

続きを読む

術後PSA値の推移

全摘手術は2016年1月でした。術後のPSA値の推移です。2か月後検査  2016/03 0.0083か月後検査  2016/04 0.0086か月後検査  2016/07 0.0089か月後検査  2016/10 0.00812か月後検査 2017/01 0.00815か月後検査 2017/03 0.008 (別の機関での定期健診)まだまだこれからです、安心はできません。ところで術前生検では、12本中片葉に3+3が2本あり4+4が1本ありました。画像上、そんなに拡が...

続きを読む

おむつ離れ

ご多分に漏れず(洒落ではないんですが)私の場合も術後の尿漏れというものはかなり酷いものでした。殆どの人はすぐに改善すると聞きましたが、私の場合、1年半ものあいだ紙おむつ、パッドの装着は欠かせませんでした。1年経っても改善しない場合はもう難しいとまで言われましたが、今月に入って突然ピタッと止まったではないですか!酒を飲んでも、大声で笑っても、どんな格好で座っても、まったく漏れはなくなりました。但しオ...

続きを読む

PSA非再発率の比較

私としてはハイリスク例における放射線治療の非再発率に疑問があった。ハイリスクの場合(私の場合)、1次放射線治療を選択するとしたら、事前ホルモン6か月+放射線治療+事後ホルモン療法3年を推奨された。ホルモン療法では当然PSA値を劇的に下げる効果があるが、癌を死滅させているわけではなく冬眠させている。上記のような「ホルモン+放射線治療」で良好と言われている5年、10年非再発率は一体放射線治療によるもの...

続きを読む

全摘手術に賭ける

結局、悪性度が高かったために私としては数か月先のロボット手術を待つ事ができず、翌年の16年に入ってすぐに恥骨後式による従来の全摘手術を受けた。同時に精嚢摘出、リンパ節郭清も行った。尚、左右勃起神経もためらわず摘出したが、これはVCDカンキという医療器具がある事を知っていたからだ。(災い転じて・・、神経喪失前と比べ、硬度、長さがより増した模様だ。女房からも今まで以上の合格点を頂いた。^^)そうやって手...

続きを読む

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンを聞きに他地区にある先進医療機関へと向かったが、その対応医の的確でない回答には少々失望せざるを得なかった。今思えば、放射線腫瘍医ではなかったのかもしれない。具体的な内容はもうこれ以上書かないことにする。私はつくづく巡り合いの悪さに落胆した。日本放射線腫瘍学会によれば、放射線腫瘍医は、 「腫瘍学=オンコロジー」に精通しすべての腫瘍に関し「病理」「腫瘍外科学」「腫瘍内科学」「腫瘍画像...

続きを読む

医療機関の紹介

さて、生検が終わり、結果を聞いた時はわからない事だらけで不安が先行し、いくつか質問したが、「どこで調べて来たのか知らないがそんな事を聞かれてもわからない」答えはこんな調子だった。確かにわからない事をわからないと言っているのだろう。各種治療方法についても説明はなく、私が知識もなく口に出したロボット手術でいいだろうと言う事で大学病院を紹介された。まあ、私の病期ではどの治療法でも有意差はないと見ているの...

続きを読む

術前のPSA値推移

私の前立腺癌確定以前の過去のPSA値推移は以下の通りだ。これだけ毎年のように検査をやっていながら、結局、低PSA値にて強悪性度の低分化癌を告知されるに及ぶとは・・。PSA値が1を超えてからはその都度夜間頻尿の申告をしていたのに診察の推奨はなかった。基準値以下であり仕方のないことかもしれないが、私のような低PSA値ハイリスク罹患者も存在するのだ。悪性度が高い癌はあまりPSAを出さない事もあるらしい。...

続きを読む

前立腺癌の告知

私、玄太は現在50歳代。前立腺癌告知は2年前の時だった。術前PSA値は4.37、生検では、T2aN0M0、片葉に多く、GSは、3+3=6がほとんどで1本のみ4+4=8があった。この8があったことで大きく落ち込んだ当時が思い出される。食べ物が喉を通らなくなり、体重は6キロも減少した。^^しかし、骨シンチ、CT、MRI画像診断では浸潤や転移はなく臓器内に留まる限局癌とされた。ところが・・・次回から手術選択に至...

続きを読む

プロフィール

玄太

Author:玄太
↑医療器具VCDのお陰で私もネコには負けてはいない^^
さてVCDってなんでしょう


2015年秋、ハイリスク前立腺癌確定
2016年冬、前立腺全摘を選択
悪性度 GG4+4=8
病期  pT2c
断端陽性

最新記事

全記事表示リンク

アクセスカウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。